披露宴のカラードレス、どう選びますか

ドレスと言えばフォーマルで着用する女性用の洋装のことを指しますが、日本人にとってドレスといえばやっぱりウェディングドレスでしょう。また、白いウェディングドレスだけでなく披露宴の際に、お色直しとしてカラードレスを着る人も多いです。白でお式を挙げ、披露宴では一転華やかなカラーで登場するのです。カラードレスは白一色の花嫁衣裳とは違って、色も形も本当に様々です。白で統一されているなら形だけ選べばよかったかも知れませんが、色も様々となるとすっかり迷ってしまいます。

まずは、自分の好みのカラーと似合うカラーから知っておくと少しは選び安くなるでしょう。自分が青が好きだとしても、顔色によっては暖色系の方が似合う人もいます。前もってカラーチャートなどで似合う色をカラーコーディネーターなどの専門家にみてもらうのもいいですし、もっとお手軽に似合う色を見つけるなら、普段着ている服で、人から似あうねといわれた服の色を選ぶのもよいでしょう。また、選ぶカラーを季節にあわせるという手もあります。例えば、クリスマスシーズンなら赤、夏なら涼しげな水色など、季節に適したカラーはゲストにも好印象を与えるはずです。また、カラーが一色だけ使われたものよりもワンポイントで違う色が指し色で入ったものも華やかな印象です。最近ではギンガムチェックなど全体に柄の入ったものも出てきているので、更に選択の幅が広がっています。

おもしろいのは、今までは喪の色として避けられてきた黒がカラードレスに使われるようになってきたということです。黒は実は女性をもっとも美しく見せる色でもありますから、黒はとても女性に映えるのです。黒といってもラメが入れられてたり、青やグレーでグラデーションが入っていたりすると、尚更喪的な印象はなくなります。むしろ、かっこいい女性を演出でき、人とは違う花嫁を目指す人には向いています。ただ、ゲストに年配の人が多い場合、もしかするとウェディングに黒なんてと思う頭の固い人もいるかもしれません。特に新郎側の両親がそういったことに厳格な御家柄なら事前に了承を得た方が無難かもしれません。今後の為にもそういったちょっとした心遣いはあった方がよいかもしれません。自分に似合うカラーを見つけるのは大変ですが、楽しいものです。女性なら誰しも美しくなるのは大歓迎でしょう。大変でしょうが、めんどくさがらずに、とことん似合うものが見つかるまでがんばって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*