自分に似合うウェディングドレスの選び方

一生に一度の結婚式で着る白いドレスですが、自分の体型や雰囲気に合うのはどんなデザインか分からない人のほうが多いはず。ドレスショップにいったら、まずは様々な形のドレスを着てみてください。そのうち自分にあったデザインがどれかが分かってくるはずです。その前に代表的なドレスのシルエットを事前知識としてご紹介します。まず、女の子なら誰でも憧れるプリンセスラインです。横にふんわりと広がったボリュームのあるスタイルです。


まるでお姫様ようなデザインが特徴的で、着る人を選ばず、背が低い人も高い人も、太めな方も細めの方も着て頂けます。次に大人っぽくも可愛くも見えるAラインのデザインです。トップのほうがスッキリとしており、腰から下にかけてのラインがAみたいに見えるので、Aラインを呼ばれています。下のほうに重心が集まるのでバランス良く見え、背が低めの人やぽっちゃり体型の人にオススメです。続いて縦長のシルエットが特徴のスレンダーラインです。大人っぽいシュッとしたイメージなので、背が高く細身に方にオススメです。また、年齢が高めの人にもオススメなのでは、上品で清楚なイメージになるからです。ボディラインがかなり際立つので、補正下着で体のラインを調えて着るとよりキレイにみえます。次はマーメイドラインです。腰のあたりにボリュームがあるので、クビレを強調する女性らしいラインが特徴です。


体に沿ったスレンダーなシルエットで、膝下から裾にむかってスカートが広がっており、人魚みたいなのでマーメイドラインを呼ばれています。こちらはスレンダーラインよりも体にラインが強調されるため、比較てにスリムな人にオススメします。最後はエンパイアです。胸下に切り返しがあり、ウエストが高い位置にあるデザインです。こちらは比較的に背が低いひ向いており、とってもキュートで可愛らしいイメージ仕上がります。マリアベールなどと合わせも可愛いです。どちらかと背の高い方向きではなく、また珍しいデザインでもあるので着こなすのは難しいかもしれません。ドレスが決まればそれに合わせたアクセサリーも選ばなければません。ドレスの形によって似合うベールの形も様々です。ベールにもロングとショートがあり、装飾のあるものとないもの、ボリュームがあるものとないものなど、種類はたくさんあります。グローブもドレスに合わせて選ばなければなりません。もちろん中に入れるパニエも必要です。結婚式当日まで、不安も募れば準備も忙しいですが、一生に一回しか着ないものなので、きちんと下調べをしてから似合うものを選んでください。